登山に行くときに、まず悩むのが

行動食や、日数分必要になる食事

だと思います。

 

美味しくてしっかりしたものを

食べたいと思いますが、

荷物はあまり重くしたくないため、

フリーズドライ製法などの軽量

登山食がとても重宝します。

 

今回、私が加えたいと思った

おすすめ食材をご紹介します。

Sponsored Link

軽量【登山食】おすすめ食材!フリーズドライ

とにかく毎回思うのですが、登山でどこの山を歩いていてもとてもお腹が

空きます。

 

それもそのはず、登山で必要なエネルギーは相当なもので、

その分、それを補う必要なカロリー(食事)もたくさん必要に

なります。

 

私の場合、安全を考えて山小屋なども利用するため、朝晩は

きちんとした食事を摂ることができていますが、昼などの行動中は

どうしても簡単に済ませる傾向にあります。

 

しかし、昨年の夏休み期間に行った仙丈ヶ岳登山では、当初はテント泊を

予定していたので、2日間分の食料を用意していきました。

(ところが、悪天候が予想されたため、途中でプランを変更して

山小屋に素泊まりで宿泊させていただきました)

 

仙丈ヶ岳登山についてはこちらをどうぞ)

 

仙丈ヶ岳登山は一泊二日で計画を立てていたので、結構荷物には

余裕のスペースがあり、北沢峠のバス停から山小屋までも近かった

こともあり、ちょっと贅沢に行こうということで、冷凍ハンバーグや、

魚介類の缶詰、山では何故か特に美味しく感じるカップヌードルなども

持参しました。

 

ところが、違う山に行くと必ずしもこのようにうまくいくとは限らず、

食材や調理器具が増えるととても大変なことになる場合もあります。

 

そこで、重宝するのがフリーズドライ製法の食材です。

 

何がいいのかというと、まずとにかく軽いということです。

 

それだけではなく、お湯などを注ぐだけで、美味しく食べれるという

魔法のような食材です。

 

まず定番なのは、尾西のご飯です。

 

尾西 五目ごはん

こちらのご飯は山に何度も持っていったことがあります。

 

尾西 赤飯

赤飯は腹持ちが良いですね。

 

サタケの商品も味の評価は高いですね。

サタケ ドライカレー

 

アマノフーズの商品も登山ショップに行くと必ずといっていいほど置いてあります。

アマノフーズ たまごスープ

 

Growers Cup(グロワーズカップ) ブラジル FTO

簡単においしいコーヒーを飲めるのでおすすめです。

私は、キャンプサイトなどでスープやコーヒーを飲むとほっとします。

 

登山では、かなりのエネルギーを消耗しますので、上記の便利な食材と一緒に、

日持ちのする肉や魚の缶詰などもあると、より充実した食事になると思います。

 

登山中などは、やはり行動食もあるといいですね。

井村屋 スポーツようかん あずき

 

VESPA(ベスパ) ワスプ ハニーウォーカー

このように面白い行動食もありました。

かなり元気が出そうですね。

 

登山に行くときは、山で何を食べるか考えて準備することも大切ですし、

やはり美味しいものを食べると元気も出ますね。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link

Related Posts