富士山2014

出典:mainichi.jp

2014年10月16日に富士山の初冠雪が確認されました。

富士山の山頂付近は、真っ白な雪で覆われ、もう冬はすぐそこまで

来ていることを実感させられます。

Sponsored Link

初冠雪とは?

初冠雪とは、いったいどういうことなのでしょうか?

 

初冠雪とは、まず山岳で雪に覆われる時期と、雪が解けてなくなる時期が

ないといけません。

 

そして、夏が来てその年の最高気温をマークした後に、

雪が降り山が白くなることを言います。

 

この状態になることを「初冠雪を迎える」と表現します。

 

富士山の初冠雪 今年の時期は早い?

前日の15日から、北風の影響で寒い1日でした。

16日は、朝から今年秋の最高の冷え込みとなりました。

Sponsored Link

 

富士山の初冠雪は、甲府市の気象台の職員によって、

目視にて確認されました。

 

今年の富士山の初冠雪は、平年より16日遅いのですが、

昨年よりは、3日早いとのことです。

 

気象台によると、台風19号が通り過ぎた後、北風が日本に吹き込んだため、

東京都心でも、平年より2度も低い13.5℃になりました。

 

冬の訪れ

最近では夜寝る時も、だいぶ寒くなってきていて布団と毛布も

必要になってきました。

 

これから日に日に日中の気温も下がってきて、冬に向かっていくことと思います。

 

そろそろ衣替えだけではなく、コタツや電気カーペット、暖房器具などの準備も

しておいた方が良いかもれませんね。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link