電力自由化2016年4月から、電力自由化が

はじまります。

 

何かと分かりにくいないようですが、

どのように他の新規参入会社と

比較をして見直していったら

良いのでしょうか?

Sponsored Link

【電気プラン】比較・見直し方法は?

4月からいよいよ電気の自由化が始まります。

 

今までほとんどの電気の契約は大手電力会社が独占して

いましたが、このたびの自由化で200社が新たに参入

することになるそうです。

 

電気を使う私たちにとっては、競争によって電気料金が

下がることは魅力的な話ですが、実際にはどこの電力会社を

選んだら良いのか判断が難しいと思います。

 

電気料金は契約アンペアや、1世帯当たりの人数

ライフスタイル(在宅時間帯など)によって変わってきます。

 

エネチェンジ株式会社から発表されている「得する電気の

選び方」では、単身世帯4人家族平均的な大手電力会社の

電気料新規電力販売会社との比較を紹介しています。

 

電気プランの種類

会社名・プラン名発電方法年間の電気代(平均)
単身世帯
年間の電気代(平均)
4人家族
セット割
大手電力会社自家発電67,189円142,116円
東急パワーサプライ他社から購入-4,912円-7,380円CATV(ケーブルテレビ)が毎月最大350円引き
※定期券を持っているとポイント加算
ENEOSでんき自家発電(火力)-3,571円-13,283円ガソリン1円/L割引など
(ENEOSカードを持っている人)
東京ガス自家発電(火力)-6,685円-18,071円水道修理や解錠駆けつけサービスなど
スマ電他社から購入契約なし-5,854円提携スーパー500店舗で商品券を配布
ソフトバンクでんき東電と提携+1,176円-1,491円電気の未使用分をスマホデータ量に還元など

 

料金だけを見ると東京ガスのプランが一番お得に思えますが、

セット割もあるので、生活スタイルによってよりお得になる会社も

あるので、しっかり調べたほうが良さそうです。

 

例えばENEOSでんきは、母体がガソリンスタンドを持っていて

ガソリンの割引プランがあるので、自動車をよく利用する方は

お得になるかもしれません。

Sponsored Link

 

ただ、新電力会社に変更した後で、プランが思ったものと違っていて

解約をする場合に会社によっては違約金が発生するところもあるので、

契約する前にきちんと契約内容の確認が必要になります。

 

その次に気になるのが、電力会社の変更をしたら電気の配線を

新しくしなくてはならないのか?ということもありますが、配線や

電気メーター大手電気メーカーのものをそのまま使用するので

安心です。

 

現在は、新電力会社が大手電力会社に電線などの使用料を

支払う形になるそうです。

 

しかし、将来的には新電力会社が電線なども自社で管理する

こともありえるそうです。

 

この先は私が勝手に思っていることですが、電気の安定供給を

考えた場合自家発電を行っている(大手電力会社、ENEOSでんき、

東京ガスなど)会社の方が安心なのかな?と思っています。

 

先日、大手電力会社の作業員の人と話をすることができたのですが、

正直まだはっきりと作業分担についての取り決めが伝わってきていないと

話していました。

 

ただ、電気の使用が出来なくなった場合は、大手電力会社の作業員が

点検などを行うだろうと話していました。

 

もう一つ気になることは、新しく契約した電力会社が撤退や倒産をした

場合ですが、地元の大手電力会社が供給を引き継ぐそうです。

 

その場合の注意点は、すぐに申請の手続きをしないと電気の供給が

止まってしまう可能性があるとのことです。

 

電気料金の比較サイトもありますので、こちらも参考にしてみてください。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link