MRJ初飛行

出典:http://www.huffingtonpost.jp

2015年11月11日(水)に日本初の

国産ジェット機MRJの試験飛行が

行われています。

 

この歴史的瞬間をたくさんの人々が

見守っています。

 

離陸後約1時間のフライトを行う予定に

なっていますが、私の感想を述べたいと

思います。

Sponsored Link

2015年11月11日(水)朝8時台から放送が始まっていましたが、

すぐにMRJは滑走路には入っていきませんでした。

 

もともと当初の予定から約4年もの間に5回も延期になり、なかなか試験飛行に

踏み切ることができなかったので、この数時間は開発者の方々にとってみれば

それほど長くは感じなかったかもしれません。

 

最高のコンディションで、この歴史的初フライトを成功させたい

思いが伝わってきました。

 

今回、三菱航空機が設計、開発を行ったMRJは全長が約36mで

翼は22mあります。

 

一番注目されているのは燃費の良さで、翼の両端にはウィングレットが

付いていることもあり、小型の機体にもかかわらず北海道から、

九州まで飛行が可能になっています。座席数は70~90席になるそうです。

 

白いボディには赤、黒、ゴールド(たぶん)のラインが描かれていて、

尾翼にはMRJと書いてあり、見た目にもかっこのよい機体です。

 

開発費用の3分の1が国からの負担になっていたことを考えると、

単に一企業の話ではなく、国をあげての一大プロジェクトと言っても

よいのではないでしょうか?

 

最後の国産機YS-11が運行をやめてから、日本の旅客機が飛行していない

Sponsored Link

何か物足りない感じがしていましたが、MRJが完成して、やはり日本にも航空機を

つくる技術はあるのだと実感することができました。

 

いよいよ人々が待ちわびる中、いよいよ滑走路誘導路上に待機していた

MRJが滑走路に入っていきました。

 

そして名古屋空港のランウェイ(滑走路)34のセンターラインに

機体の前輪が揃い、滑走路に一直線に並んだところで、MRJは

停止して離陸のタイミングを待ちます。

 

数分後、ランウェイ34上で待機していたMRJに離陸許可が出ます。

 

9時34分MRJからのエンジン音が少しずつ大きくなり、機体がゆっくりと

加速を始めます。

 

離陸速度の時速220kmほどに達するのは、それほど時間はかかりません

でした。機体の前輪がゆっくりと、まるで風船が浮いていくかのように

地面から離れていきました。

 

そして、緩やかな角度で機体はみごとに大空に飛んでいきました。

 

MRJの飛行している姿もとても美しく、エンジン音もキーンというジェット音が

響いていました。。

 

MRJは約1時間の試験飛行を続けます。試験を終えて無事に着陸してくれる

ことを祈ります。そして、それは日本の航空業界に新たな歴史がつくられる

瞬間になるのです。

 

11時4分追記

先ほど、MRJが無事に名古屋空港に帰ってきました。日本航空業界の

新たな歴史が始まりました。

 

今後も、MRJは日本とアメリカで2500時間の試験飛行を繰り返し、

問題がなければ、地方路線を結ぶ役割を担います。

 

すでに全日空を含む航空会社から、407機のMRJが受注されているそうです。

 

北米やヨーロッパでもMRJのようなサイズの機体が、多く運行しているので

今後は大きなマーケットになるのではないでしょうか?

 

航空業界は大きな利益を獲得しうる分野です。MRJが日本の景気回復の

ブースターになることを期待したいと思っています。

 

そして、何よりも国産の飛行機が世界中で飛び回る日が、すぐそこに

来ていると思うと何だか嬉しいですね。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link