2015年3月27日(金)に俳優の

武田真治が、プロ野球の日本ハムと

楽天の開幕戦で登場しました。

 

白い皮のノースリーブで現れた

武田真治は得意のサックスで

国家を演奏しました。

 

武田真治といえば、趣味が筋肉

トレーニングでも有名ですが、

実際の筋トレ方法についても

調べてみました。

Sponsored Link

【武田真治プロフィール】

生年月日: 1972年12月18日

出身地: 北海道札幌市

血液型: AB型

 

 【主な主演作品】

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

引用元:Wikipedia

Sponsored Link

 

【武田真治】サックスで国家演奏!筋肉で魅了!

武田真治は出身地、北海道の札幌ドームで行われた、武田もファンの

日本ハム対楽天の開幕戦でサックスを手に「君が代」を演奏しました。

 

動画はこちらです。

 

野球のグランドには降りたことがないとのことでしたが、

緊張している様子はなく、堂々と演奏をしていました。

 

日頃の筋トレの成果も出ていて、サックスを支えるムキムキの

筋肉からは迫力も感じられました。

 

演奏後は満席のスタジアムから、惜しみない拍手が送られました。

 

武田真治のサックスの演奏も素晴らしかったのですが、ビジュアル的にも

人々を魅了する力があると思いました。

 

【武田真治】筋トレ方法は?

武田真治は細マッチョですが、素晴らしいのは武田の体脂肪率が6%と

いうことです。

 

トレーイング方法は、武田の自宅にあるバーベルとベンチプレス用のベンチを使い、

週に3回は筋トレを行うそうです。

 

まずはベンチプレスです。やり方はご存じとは思いますが、まずベンチに横になり

ベンチから垂直に伸びる支えにバーベルのバーを置き、そこに負荷となる丸い形の

鉄の塊を差し込みます。

 

武田真治の場合は、まず30㎏の負荷で10回上げ下げをしてウォーミングアップを行います。

その後は、50㎏、70㎏、90㎏を書く10回ずつ行います。

 

ここでは、この10回というのがキーポイントです。筋力をつけるにはおおよ10回出来るくらいの

重量を選択することが、一番効率的と言われています。

 

多分、武田真治の場合は90㎏を10回行うのが一番筋肉にきいているのだと思います。

それと、重量を徐々に上げていくことにより、筋肉を驚かせることなく(痛めることなく)

トレーニングを行うことができるのです。

 

さらに、武田真治がすごいのがさらに30㎏の重量で100回行うというのです。

 

30㎏の重量は最初のウォーミングアップ時と同じですが、軽い重量で数をこなすことにより、

シェイプアップ効果になり、体脂肪が少なくなり筋肉がムキムキに浮き出てくるのです。

 

武田真治のトレーニングは筋トレだけではなく、週に2回15kmのジョギングも行っているそうです。

 

このジョギングにより脚力も強く、足にも筋肉がつくので、より一層体に脂肪がつきにくくなります。

 

鍛え抜かれた肉体美は、並々ならない努力があって完成するものなので、

武田真治がどれほど頑張っているのかが良く分かりますね。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link

Related Posts