2016-12-09_231816今話題の千葉真一(75歳)と真剣佑(17歳)が、

平成26年9月28日の「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ)に

一緒に仲良く出演しました。

Sponsored Link

千葉家は武道一家

千葉真一は1939年に福岡に生まれました。

父親は陸軍飛行隊のパイロットで軍人一家でした。

昔の帝国陸軍のパイロットは、

規律の厳しい中、過酷な飛行訓練を受けるのと

同時に武士道のような精神論もたたきこまれた

時代です。

 

千葉真一は、陸軍パイロットでだった父親から

武士道の精神を受け継いだものと思われます。

 

その武士道の精神は、千葉真一の息子である

真剣佑にも受け継がれているのです。

 

カッコいい細マッチョな真剣佑

真剣佑は、武士道の精神だけではなく

抜群の運動神経や、美形である顔だちも

受け継いでいます。

 

真剣佑は、1996年アメリカのロサンゼルスで誕生し、

幼い頃から空手、水泳、レスリング、体操、ピアノを

習っていました。

 

レオナルド・ディカプリオが卒業した

ビバリーヒルズ・ハイスクールに

通っていました。

 

英語が堪能なこともあって、

15歳の時に、初めて受けた映画の

オーディションに合格し、

ハリウッドで主演デビューを果たしました。

 

真剣佑はそのイケメン細マッチョで数々の特技を持ち、

礼儀正しく、謙虚で、スタントと演技を同時にこなせる

実力派俳優で、現在人気急上昇中なのです。

 

真剣佑、日本で映画出演!

その二人が親子で、関根勤の初監督作品である

映画「騒音 THE FIVE OYAJI」(来春公開予定)に

親子出演します。

とても楽しみですね。

 

真剣祐の稽古場は?

次に、関根勤の娘の関根真理が、

千葉真一が主催する東京・府中市にある

「JAC-NKL」を取材しました。

 

千葉真一は75歳なった今も現役で、

Sponsored Link

アクション俳優を指導しています。

「JAC-NKL」では、カメラを意識した

武道を交えたアクションの稽古を

行っています。

 

JAC-NKLでの稽古では、攻撃をする側と

受ける側で役割があります。

 

例えば後ろ回し蹴りを受けるほうが、

当たるギリギリの間合いを取ります。

後は、カメラの角度によって実際は

当たっていないくても、まるで

蹴りが当たっているように見えるのです。

 

極真空手の大会で優勝経験もある

真剣佑が、3枚の板割を見せてくれました。

 

まずは中段にある2枚の板を右足蹴りで

真っ二つにした後、そのまま左回し蹴りで

上段の板を見事に割りました。

 

真剣佑は力を抜いて板割を行っていましたが、

フォームから見ると、やはり鍛錬をしてきたことが

分かりました。

 

 真剣佑が好きな食べ物は?

番組で真剣佑がこよなく愛する

ステーキレストランを紹介していました。

 

東京・池袋にある「ステーキハウス ボン」は

親子で毎週のように通っているそうです。

 

真剣佑は毎回450gもある特製ヒレステーキ(2,950円)を

注文して平らげてしまいます。

ステーキは、ミディアムレアがおすすめで、

にんじん、コーン、インゲンがステーキを

色彩豊かにしてより引き立てます。

通常サイズは170gです。食べすぎには注意しましょう。

 

真剣佑のプライベートは?

食事中、気になる真剣佑の恋愛についての

質問が出ました。

父 千葉真一は真剣佑のプライベートには

制限をしてないようです。

しかし、まだ真剣佑は付き合いをしてないように

思われました。

今は、アクション俳優として確立するために

一生懸命頑張っていると思います。

今後も真剣佑から目が離せないですね。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link

Related Posts