ボーイング777X

出典:http://www.newairplane.com

2014年11月17日、東レがアメリカの航空機メーカー

ボーイング社から、航空機のボディ等に使用する

軽量素材である、航空機用炭素繊維を1兆円分の受注を

したことが分かりました。

Sponsored Link

東レが米ボーイング社から1兆円の受注

東レは、世界ナンバー1の炭素繊維メーカーですが、

特に、航空機や人工衛星などの割合が多くなっています。

 

今回、東レはアメリカのボーイング社から

航空機用の炭素繊維を供給する契約を延長し、

1兆円分の受注をしました。

 

契約期間は10年以上で、現行のボーイング787型機や、

今後製造されるボーイング社の

次期大型旅客機「ボーイング777X」の主翼部分の素材として

炭素繊維を供給することで正式に契約をしました。

 

炭素繊維とは?

東レが、ボーイング社に供給する航空機用炭素繊維とは、

あまり聞きなれない言葉ですが、簡単に言うと

炭素からできた繊維です。

 

身近なもので、衣類であるセーターや、毛布などが

航空機のしなやかな翼などに使われている

炭素繊維の原材料になっているのです。

 

炭素繊維の製造過程では、アクリル(PAN)繊維を、

何度も蒸し焼きにすることで、余分な成分を取り除き

純度の高い炭素繊維がつくられます。

 

このようにしてつくられた炭素繊維は鉄の1/4の重さでありながら、

Sponsored Link

約10倍もの引っ張り強度があります。

 

その上、鉄などでは金属疲労やさびなどが起こりますが、

炭素繊維では、その心配もいりません。

 

その他にも化学的・熱などにも比較的に強いなど

広い範囲で安定しているため、絶対的な安全を求められる

航空機などに使用されています。

 

厳しい条件下でも長期的に性能を維持できるため、

今では航空機の胴体や主翼、尾翼などに使われています。

 

最近は、航空機にも燃費が重要視されています。

最新鋭旅客機のボーイング787型機にも炭素繊維が使われ

より軽くより遠くへ飛べることが可能になりました。

 

それに加えて炭素繊維は加工がしやすく、それがデザインなどにも

生かされていて、ボーイング787の綺麗な流線型の形だけではなく、

客席などのインテリアの快適性も格段に良くなっています。

 

今後も、航空機の需要は高まっていきます。東レはこれからも

炭素繊維の事業で世界を飛び回る航空機のように、

高く遠くへ羽ばたくかのように、事業を伸ばしていくのでは

ないでしょうか。改めて日本の技術力の高さを実感しました。

 

こちらもどうぞ

 

 

Sponsored Link