日本国内で販売されている山岳テントで

多くの登山家に愛用されているのが、

アライテントの「エアライズ」です。

 

エアライズは初心者から上級者まで、

幅広い人に使っていただけます。

 

山岳テント【エアライズ】は初心者にもおすすめ!?

エアライズが初心者にもおすすめなのは、テントの設営が簡単な点です。

 

スリーブに切れ目がないため、フレームを簡単に通すことが

できるので、1人でも設営が簡単です。

 

次に、テントの上に被せるフライシートですが、こちらも簡単で、

よくザックについている腰ベルトと同じような「クイックリリース

バックル」により、手間いらずになっています。

 

特に、雨が降り始めたりするとすぐにテントを用意しないと

濡れてしまうので、短時間でテントを設営できるのは

とてもうれしいものですよね。

 

次に、重要なのはテントの重量とサイズです。「エアライズ」は軽量

2人用でも1.55kgしかないですし、コンパクトに収納ができるので、

テント泊を予定していなくても、非常用として持ち歩くことも可能です。

 

初心者から上級者まで使えるテント・エアライズはこちら!

 

山岳テント【エアライズ】は快適設計!

エアライズの出入り口は2重構造でメッシュにもなるので、

夏場でも快適です。

 

風通し穴もあり、開け閉めができるので、室内の温度調整や

テント内の空気の入れ替えもできます。

 

フライシートはテント全体を覆うので、大雨でもテント内に

雨が侵入する可能性を軽減される設計になっています。

 

初心者から上級者まで使えるテント・エアライズはこちら!

 

山岳テント【エアライズ】はオプションが豊富!

山岳テントでもう一つ重要になるのは、オプションの豊富さです。

 

特に、最初は3シーズン(春から秋)にかけての山行に重点を

置いていても、そのうち冬山でテント泊をしたくなるかもしれません。

 

その時になって、そのテントが雪山使用にできないテントだったら

また新しいテントを買わなくてはならないようでは、もったいないです。

 

でも「エアライズ」は、冬山でも使えるように「エアライズ用外張」と

いうものがあるので、いつも使い慣れたテントに被せるだけで、

冬の厳しい環境でも、使えるように保温性や耐風性能をアップ

させるカバーが用意されています。

 

その他に、テントの快適性をアップさせる、フレーム入り前室を

持った「エアライズ用DXフライシート」があれば、ザックや靴を

置いたり、降雨時でも靴を履いたり脱いだりするのが、楽に

なります。

 

次に、暑い季節や、海辺で使用する本体の周りがメッシュに

なっている「カヤライズ」を使用すれば風通しがよく快適です。

 

その他にも、グランドシートの汚れ防止、保護になる「アンダー

シート」や、テントの天井に取り付けて、小物の整理ができる

ギアハンモック」など、オプションの数も豊富になっています。

 

最後にフライシートの色は「オレンジ」と「フォレストグリーン」の

2種類があります。

 

自分の好きなアレンジをしたテントを持って出かけると、今までとは

違った楽しみ方ができると思います。

 

初心者から上級者まで使えるテント・エアライズはこちら!