鬼怒川洪水

出典:http://www.sankei.com/

関東地方では、昨夜から続いた

豪雨により、被害が拡大しています。

 

特に、大雨特別警戒を発令されて

いる地域もあります。

 

発令されている地域や、発令基準に

ついて調べてみました。

Sponsored Link

現在、大雨特別警戒を発令されているのは、茨城県と栃木県に

なります。

 

茨城県の特別警戒地域の詳細は、こちらで確認してください。

 

栃木県の特別警戒地域の詳細は、こちらで確認してください。

 

9月10日(水)23時27分現在も大雨特別警戒は引き続き発令されています。

 

【大雨特別警報】発令基準は?

気象庁の大雨特別警報発令の基準はこちらで確認することができます。

 

それでは大雨特別警報が発令されたら、私たちはどうしたらよいのでしょうか?

 

まずは大雨特別警報が発令されたら、すみやかな避難、避難所に向かうことが必要になります。

Sponsored Link

 

ただし、避難するほうが危険な場合は無理に逃げないで、より安全な場所に移動する(例えば

洪水で自分の家が浸水した場合は家の1Fから2Fや屋根の上に移動するなど)ことが必要だと

いうことです。

 

今回、茨城県の鬼怒川の決壊では、たくさんの人々が逃げ遅れ家などに取り残されました。

 

ヘリコプターによって懸命の救助活動が行われましたが、現在も要救助者がたくさんいる

ものと思われます。

 

今後は、警戒発令のタイミングや、正確に情報が伝わるように行政も色々な意味で

大きな努力が必要だと思われます。

 

9月11日追記

9月11日8時21分現在、宮城県で大雨特別警報が発令されています。

詳細はこちらを確認してください。

 

宮城県の渋井川の堤防が決壊して、多くの建物が浸水しています。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link