ソーラー・インパルス2

出典:https://www.eda.admin.ch

2015年4月22日(水)にソーラー(太陽電池)で

飛行する「ソーラー・インパルス2」が6番目の

目的地である南京に到着しました。

 

「ソーラー・インパルス」は次世代の航空機に

なるのでしょうか?

 

気になる「ソーラーインパレス2」のプロジェクトの

内容と飛行性能について調べてみました。

Sponsored Link

【ソーラー・インパルス2】プロジェクトとは?

「ソーラー・インパルス2」はスイスの団体「ソーラー・インパルス・ベンチャー」が

開発して、太陽エネルギーのみを使って、有人飛行で世界1周することが目標になっています。

 

2015年3月9日にアラブ首長国連邦の首都アブダビを出発しました。「ソーラー・インパルス2」は

1人乗りなので、2名のパイロットが交代で操縦します。

 

途中12か所の区間で着陸をして交代するそうです。飛行ルートはなるべく赤道上に近い場所を

経由して飛行します。経由地は、オマーンの首都マスカット、インド、ミャンマー、中国の北京、

ハワイ、アメリカ本土のアリゾナ州フェニックス、ニューヨーク、その後、南米か北アフリカを

経由してアブダビに到着予定になっています。

 

そして、成功すれば世界初の自然エネルギーを使った世界1周飛行になります。

Sponsored Link

 

【ソーラー・インパルス2】飛行性能は?

最初の「ソーラー・インパルス」1号機の初飛行が2009年12月3日に成功して、

その後、2010年7月7日~8日の間に26時間の連続飛行も成し遂げていたので、

飛行性能の実績はすでにありました。

 

今回、記録に挑戦している「ソーラー・インパルス」2号機は、1号機よりも

大きくなっていて、性能もよくなっています。

 

翼の両端の長さは72mもあり、重量は2.3トンになります。

 

長い翼には、太陽光パネルがぎっしり取り付けられていて、約1万7千個の

太陽電池により、4個のプロペラを駆動させ時速約90km(最高速度140km)で飛行します。

 

最高巡航高度は8500mで、最高上昇限度は1万2千mになります。

 

特に素晴らしいのが、日中にバッテリーに充電しておいた電力を使って

夜間飛行できるということです。

 

ということは航空燃料の給油を必要とせずに、悪天候や故障などのトラブルが

なければ1日中飛んでいることができるということです。

 

ところがここで、問題があります。「ソーラー・インパルス2」は1人乗りなので、

自動操縦を使うにしても、パイロットは飛行している間は十分な睡眠時間をとるのは

難しいと思います。

 

今回のプロジェクトで、2人のパイロットたちは経由地で交代しながら世界1周を

目指しますが、特に太平洋を横断するときは5~6日間を1人で操縦しなければなりません。

 

これは人間の集中できる能力の限界を超えているので、とても過酷な飛行を行うことに

なるのです。

 

無事に帰還できることが一番大切なことですね。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link