スキャンイーグル

出典:http://www.barnardmicrosystems.com

2015年3月16日(月)に明らかになったのは、

昨年11月13日に飛行試験を行っていた陸上自衛隊

の無人飛行機のエンジンが停止したため手動に

切替え不時着を試みましたが、着陸時の強い

衝撃により胴体部分が破損していました。

 

その無人飛行機は「スキャンイーグル」と

いわれるもので、米軍でも認められるほどの

高性能だそうです。

 

その気になる性能と価格について

調べてみました。

Sponsored Link

米ボーイング子会社【スキャンイーグル】性能は?

「スキャンイーグル」はアメリカにあるボーイング社の

子会社インシツ社製の偵察用無人機です。

 

初飛行は2002年6月20日で、以降さまざまな場所での

情報収集に役立てられています。

 

「スキャンイーグル」仕様

全長: 1.55m~1.71m

翼幅: 3.11m

重量: 14㎏~18㎏

 

「スキャンイーグル」性能

巡航速度: 時速111km

最高速度: 時速148km

滞空時間: 24時間以上(30時間以上飛行対応可)

最高到達高度: 5950m

 

「イーグルスキャン」計器類

高解像度カメラ(昼間も夜も撮影可能)

熱画像処理装置(赤外線を感知して映像化する装置)

 

「スキャンイーグル」の性能は速度や、飛行可能高度などをみても

素晴らしいものがありますが、一番驚いたのはその滞空時間です。

 

24時間以上飛行可能というのは、通常のラジコン飛行機では

全く考えられないレベルです。

 

動力は、ピストンエンジンでプロペラを回して推力を得ます。

 

離陸をするときは、専用のカタパルトを使うことにより

長い滑走路が必要ないため、場所を選びません。

 

もちろん、離陸最高重量が22㎏の航空機を飛ばすのですから、

Sponsored Link

かなり重量感のあるカタパルトを使うので、街中では難しいでしょう。

 

「スキャンイーグル」の操縦方法ですが、あらかじめ入力したプログラムを使うか、

GPSとフライトコンピューターをオペレーターが遠隔操作するものです。

 

飛行条件にも左右されにくいので、昼夜問わず飛行可能で映像なども入手できます。

また、他の航空機などとの衝突を避ける措置もとられているので、信頼性の高いものに

なっています。

 

一度、離陸した「スキャンイーグル」を回収する場合は、どこかに着陸を

するのではなく、専用の「スカイフック」と呼ばれる高さ約16mのタワーから垂らされた

ワイヤーに飛んでくる「スキャンイーグル」の翼を引っ掛かけるというものです。

 

想像するのは難しいと思いますので、こちらで動画を視聴してみて下さい。

 

スキャンイーグルはその性能が認められ、日本の自衛隊や米軍などを含め多くの国で

使用されています。

 

米ボーイング子会社【スキャンイーグル】価格は?

ここまでの高い性能を持った「スキャンイーグル」ですが、

コストパフォーマンスに優れているということです。

 

個人で購入できるのかは分かりませんが、公表されている販売価格は

約100,000アメリカドル(1ドル120円で換算すると、約1200万円)になります。

 

このような優れた技術が平和利用に使われるといいですね。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link