ロースタリースターバックス

出典:http://roastery.starbucks.com

2015年2月27日(金)にスターバックスが、

焙煎所のある店内でコーヒーを楽しめる

大型店舗を、日本に出店する計画を発表しました。

 

スターバックスは、紅茶専門店も日本に出店する意向を

示しています。

 

アメリカではすでに営業を始めている新しい形の

スターバックスについて調べてみました。

 

【スターバックス】海外第1号大型店を日本に?

スターバックスの大型店が、いよいよ日本にもオープンします。

 

通常、スターバックスの店舗は小規模で、豆の焙煎も

工場で行いそれを各地に発送する方式でした。

 

しかし、焙煎してから配送をすると、どうしても時間がかかり、

鮮度や風味が落ちてしまっていました。

 

それでも美味しいコーヒーを提供してきましが、今度は

それに新鮮さが加わり、より美味しく香りのよいコーヒーが

楽しめるようになるということです。

 

昨年12月にスターバックス創業の地であるシアトルに

Starbucks Roastery&tasting Room」という、名前のとおり

店舗内で豆を焙煎して、鮮度の高い豆でつくったコーヒーを

提供する店をオープンしました。

 

アメリカの 大型店舗というだけあって、広さは大きな工場と

いった感じですが、内装はとても高級感があり、落ち着いた

照明によって、見た目はまるで高級なバーのような感じです。

Sponsored Link

 

私もスターバックスのコーヒーは好きで、特に北米に住んでいる

ときは、冬はカフェモカ、夏はカフェラテにはちみつ入れて

飲んでいました。

 

しかし、店舗はそんなに大きくなく個人まりした感じでした。

でも落ち着いた雰囲気なので、ゆっくりした時間を過ごすことが

できたのを覚えています。

 

今度、新しく焙煎所のあるスターバックスができれば、コーヒー豆の

香りのするなか、新鮮な1杯のコーヒーを味わうだけで、特にコーヒーファン

であれば幸せな気分になれるのではないでしょうか?

 

気になるオープン予定日ですが、大型店舗のため広大な土地が必要に

なるため、候補地の選定などで時間がかかるとして、まだ未定になっています。

 

【スターバックス】紅茶専門店とは?

スターバックスは、コーヒーだけではなく、紅茶を専門に提供する店も

あります。

 

紅茶専門店は、アメリカでは2013年から「ティバーナー」という名前で展開しています。

 

メニューも多数あり、店では一般的ないれかたの紅茶や、紅茶にミルクをいれたチャイティー、

その他にも冷たい飲み物も提供しています。

 

葉の種類もたくさんあり、日本茶や、ハーブティ、フルーツフレーバーのものも

あるので、何か自分の好みの飲み物が見つかりそうですね。

 

日本でも、紅茶専門店をオープンしていきますが、それに加えて、

コーヒーを提供している店舗でも、「ティバーナー」の商品を提供していく

予定になっています。

 

今後の動向に注目したいと思います。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link

Related Posts