プラネット・ナイン

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

2016年1月20日(水)にアメリカで

太陽系に「プラネット・ナイン」

という新たな惑星の存在を確認した

との発表がありました。

 

それは一体太陽系のどこにあるの

でしょうか?少し調べてみました。

Sponsored Link

【第9番目の惑星】太陽系に?場所は?

アメリカにあるカリフォルニア工科大学の研究チームが

太陽系に、第9番目の惑星があると発表しました。

 

とりあえず惑星につけられている名前はそのままの

「プラネット・ナイン」です。

 

カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン教授に

よると、「太陽系のかなりの部分が未解明の状態」と

いうこともあり、今回、見つかったプラネット・ナインが

Sponsored Link

見つかったのは驚くべきことではないのかもしれません。

 

プラネット・ナインの発見について、アメリカの天文学

専門誌「アストロノミカル・ジャーナル」に、どのように

行われたのかの説明があるそうです。

 

プラネット・ナインは、数理モデルとコンピューターによる

シミュレーションにより発見されたそうです。

 

プラネット・ナインは質量が地球の10倍もある巨大な惑星

なのですが、公転軌道が太陽系の外縁部で、とても細長い軌道のため、

まだ直接の観測はされていないそうです。

 

それに現在の情報では、プラネット・ナインが太陽の周りを

一周するのに一万から二万年かかる可能性があるとのことです。

 

そのため、一番近くにこないと望遠鏡などを使った直接観測は

難しいのかもしれませんね。

 

太陽系は、一番近いように感じますが、これからもまだまだ

新しい発見がありそうですね。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link

Related Posts