温かい日が多くなってきて、

そろそろ雪のない筑波山などの

低山の登山に行きたいと思っている

人もいるのではないでしょうか?

 

その時にどのようなリュックサックを

持っていけば安心か迷われる方も

いると思います。

 

私が実際に筑波山に登った時に

持参した装備から、どのくらいの

大きさのザック(リュックサック)を

持参したか、お伝えします。

Sponsored Link

筑波山登山おすすめ【リュックサック】

私が、夏に筑波山に登った時に綴ったお話にご興味のある方は

こちらをご覧になってみてください。

 

筑波山は、百名山にも入っている人気の山ですが、百名山の中では

最も標高の低い山(877m)になってます。

 

低い山と近所を散歩する気持ちで行くと、大変な思いをするかも

しれませんのでご注意下さい。

 

というのも舗装された道ではなく、登山道を歩きますので、

靴はハイカットの登山靴がおすすめです。

 

山の中で天気の急変に見舞われると、大変なことになるので、

雨具などの最低限の装備は持っていった方が安心だと思います。

 

装備を入れるリュックサックも、それほど大きなものは必要ありませんが、

そこそこの大きさで軽いものがおすすめです。

 

私が最もおすすめするリュックサックは、アライテントで販売している

プチクロワール-スパイダロン(26L)」です。

 

実際には26Lよりも小さなザックで十分だとは思いますが、こちらのザックは

2段階式のひもで大きさを調整できるので、帰りに少し荷物が増えたときの

ことを考えても安心です。

 

寸胴型で、ふたの部分にはポケットが付いますが、外側には無駄な

ポケットは付いてないので、重量もわずか650gしかありません。

 

あまり収容できないのでは?と思われるかもしれませんが、

約26Lの袋に荷物をそのまま入れることができるので、思ったよりも

物を入れることができます。


(アライテント) プチクロワールスパイダロン BL | リュックサック バックパック ザック ブランド アウトドア アウトドアブランド おしゃれ アウトドアリュックサック キャンプ バック バッグ 大人 登山 登山用 旅行

 


アライテント プチクロワールスパイダロン マスタード 0110617

色は上記のブルー、マスタード(黄色)、グレー、ブラックの4色になります。

 

表面は綿生地のような肌触りですが、とても強い素材なので、ピッケルや

アイゼンを取り付けても破れにくいそうです。

 

私も、実際に使用していますが、強度も強いと実感しています。

 

ただ、背面パッドはついていないので、私の場合は強めの発砲スチロールを

ちょうどよい大きさに切って、ザックの背中側の当たるところに入れて使用して

います。

 

次におすすめなのはグレゴリーの「ズール30」です。

 

グレゴリーのリュックサックの良い点は、とにかく背中に背負った時の

フィット感です。

 

本当に背中にぴったりとはまる感じで、本当は私が最も好きなザック

メーカーでもあります。

ズール30 〔SM/MD〕 メンズ / オゾンブラック

しかし、欠点があります。それは重量です。こちらのズール30は

重さが1150gもあります(筑波山に行く場合は1サイズおとしても

良いと思います)。

 

次におすすめするのは、ミレーの「プロライターサミット28」です。

 

こちらの商品は、プチクロワール-スパイダロンと似たような商品で、

無駄を省いたつくりになっています。

 

重量は850gです。こちらも少し大きいかもしれませんが、

他の登山での使用も考えると良いサイズだと思います。

プロライター サミット 28

 

次は、カリマーユーティリティ25です。こちらも軽い重量になっていて、

650gになっています。

 

 

 

 

 

 

 

ユーティリティ25

 

最後は、人気のアークテリクスの「アルファFL30バックパック」です。

アルファ FL 30 バックパック / Vultee

こちらの商品の重量は何と575gしかありません。

 

軽量化するために全く無駄のないつくりになっていて、上部の

ふたさえありません。

 

以上、いかがだったでしょうか?今回、私が紹介させていただいた

商品は、とにかく軽量化をメインにしました。

 

実際に、いつも私も山に行くときは、どれだけ荷物を減らせるかと

いうのをもっとも重視しています。

 

やはり、長時間歩く場合、思いリュックサックを背負っていると

体力の消耗も激しくなるので、軽量化はとても大切なことだと

思っています。

 

しかし、登山のスタイルは色々だと思いますので、あくまでも

ご参考程度にとどめていただければと思います。

 

どの商品もそうですが、雨天時にはレインカバーは必要になるので、

リュックサックの大きさに合ったものを、ご用意することをおすすめします。

 

これから登山には良い季節となってきましたが、お気に入りのザックで

出かけるのもいいかもしれませんね。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link