2015年1月24日(土)に映画「アニー」

公開されました。

 

英語版の映画のエンディングに

流れる主題歌「Tomorrow」を、平井堅が

歌うことで話題になっています。

 

今回、日本語版の「アニー」について、

実際に見た感動の名作映画の

あらすじや感想をお伝えします。

Sponsored Link

映画「アニー」キャストは?

映画「アニー」の原作は、ハロルド・グレイの漫画で

「小さな孤児アニー」です。

 

1977年からブロードウェイミュージカル「アニー」がブロードウェイの

アルビン劇場で始まりましたが、その年に、ミュージカルの

アカデミー賞(映画)とも言われる「トニー賞」を受賞しました。

 

(現在アニーミュージカルも行われています)

 

映画化されたのは今回が3回目で32年ぶりになりますが、

現代のアニーはどのように表現されているのでしょうか?

 

アニーを演じるクヮヴェンジャネ・ウォレスは実力のある子役ですが、

日本でも人気のあるキャメロン・ディアスや、アカデミー賞俳優の

ジェイミー・フォックス等のベテラン俳優が共演して、

物語を感動的なエンディングに導きます。

 

アニー・ベネット: クヮヴェンジャネ・ウォレス

ウィリアム・”ウィル”・スタックス: ジェイミー・フォックス

グレース: ローズ・バーン

ガイ: ボビー・カナヴェイル

ハニガン: キャメロン・ディアス

 

【日本語吹き替え版キャスト】

アニー・ベネット: 佐々木りお

ウィリアム・”ウィル”・スタックス: 中井和哉

グレース: 水野貴以

ガイ: 大塚芳忠

ハニガン: 本田貴子

 

映画「アニー」子役は?

映画「アニー」プロデューサーの1人がウィル・スミスですが、

当初、アニー役はウィル・スミスの娘、ウィロー・スミスが演じる予定でしたが、

ウィローが成長してしまったため、キャストが変更になったと表向きは言われています。

 

しかし、実際はクヮヴェンジャネ・ウォレスが2012年の映画

「ハッシュパピー~バスタブ島の少女~」で主役を演じ、

その年の史上最年少アカデミー主演女優賞にノミネートされたことで、

ウィローを降板させ、クヮヴェンジャネ・ウォレスを 主役に抜擢したみたいです。

やはり、実力で勝ち取ったアニー役なのですね。

 

確かに、映画での演技や、クヮヴェンジャネ・ウォレスが歌う、

「Tomorrow」などでの歌唱力も素晴らしく、心に響く歌声を

持っています。

 

クヮヴェンジャネ・ウォレスの「Tomorrow」こちら

試聴できます。

 

【クヮヴェンジャネ・ウォレス】プロフィール

生年月日: 2003年8月28日

出身地: アメリカ合衆国ルイジアナ州

愛称: クワちゃん

好物: ピザ、魚介類

好きな教科: 理科

趣味: スケート、読書、ペットと遊ぶこと

 

【出演作品】

ハッシュパピー~バスタブ島の少女~(2012年)

それでも夜は明ける(2013年)

アニー(2014年)

Sponsored Link

 

映画「アニー」あらすじ

舞台はニューヨーク、マンハッタン、アニーはまだ何も分からない

1歳になる前に、レストランに置き去りにされて、身寄りのないこともあり

施設を転々としていました。

 

現在、10歳になったアニーは、ハニガン(キャメロン・ディアス)の

施設に他の4人の孤児と住んでいますが、ハニガンは非常に意地が悪く、

とても酷い扱いをされていました。まるで「シンデレラ」を連想させるような扱いです。

 

それでも、アニーは前向きに生きていました。アニーには、恒例行事が

ありました。

 

それは、毎週金曜日に学校が終わった後、急いで自分が過去に置き去りにされた

レストランに行き、夜の閉店になるまで来るはずのない両親を待ち続けることでした。

 

レストランのベテランの従業員は、アニーに「今日も残念だったね」と言って、

発泡スチロールのタッパーに入った食べ物を手渡します。

 

この場面ですでに、涙をこらえる人もいるでしょう。

 

アニーはとても正義感にあふれていて、ある日2人の少年が子犬に何かを投げながら

追いかけていました。

 

アニーは、その2人にやめるように言いながら追いかけます。しかし、その途中、

ちょうどNY市長の選挙活動中のスタックスにぶつかって、車が走っている道路に

倒れてしまいます。

 

瞬時にスタックスはアニーの手を取り、引っ張りあげて、間一髪でアニーを助けます。

 

スタックスは、携帯電話会社のCEO(最高経営責任者)として働いていますが、

特に慈善家ではなく、興味があるのは仕事のみといった感じです。

アニーを助けたのも、偶然近くにいたからといった感じでした。

 

しかし、その行為がネット上に載ったため、低迷していたスタックスの支持率は

急激に上がりました。

 

これは利用価値があると考えたスタックスは、アニーを里子として引き取ることに

します。しかし、それは市長選挙が終わるまでの宣伝としてのつもりでした。

 

高層ビルの最上階にある、スタックスの自宅に招かれたアニーは

驚きます。何故なら、そこは部屋とは思えないくらいの広さがありました。

 

与えられたアニーの部屋には、キングサイズ並みのベッドが置かれ、窓からは

ニューヨークの街並みが一望でき、マンハッタンの夜景の光が輝いて見えます。

 

孤児として家々を転々としてきたアニーには信じられない光景でした。

そんな、アニーとスタックスの2人の生活が始まりました。

 

アニーは、スタックスの選挙活動に連れ回されますが、賢いアニーは

自分の役割も分かっているし、この生活はそんなに長く続かないことも

理解していました。

 

アニーのお蔭で、スタックスの支持率は継続して上昇しました。

このままいけばスタックスが市長選に当選するのも見えてきました。

 

選挙活動が終わり、スタックスは住まいに戻っても仕事を夜遅くまで

続けます。

 

心配した、アニーはあり合わせの材料で、スタックスに夜食をつくってあげます。

 

しかし、アニーは料理が得意ではありませんでした。あまりものまずさに2人とも

吐き出してしまいます。しかし、スタックスに心境の変化が現れ始めます。

 

スタックスは、本当にアニーを娘として迎えたいと思うようになっていました。

 

そんな中、スタックスは有権者の集まるパーティーに出席します。

そこで、アニーを紹介します。アニーは素晴らしい歌声で会場を盛り上げます。

 

しかし、最後のスピーチで、ガイが用意した原稿が読むことができず、

いたたまれなくなったアニーは会場を飛び出してしまいます。

 

スタックスは、アニーを追いかけて外に出たところで追いつきます。

そして、何故飛び出したのかを尋ねると、アニーから文字が読めないことを

告げられて驚きます。

 

スタックスは、そのことにショックを受け、アニーに家庭教師をつけることを決めます。

 

しかし、市長選挙もいよいよ終盤に近づいた頃、スタックスはガイからアニーの

両親が見つかったことを知らされます。

 

アニーの両親を名乗る2人は、経済的理由からアニーを手放さなければならなかったが、

やっと迎えにくることができたと話します。

 

DNA鑑定の証拠もあり、スタックスは喜ぶアニーを2人に引き渡すことにします。

 

ところが、これは選挙に勝つためにガイとハニガンが仕組んだことだったのです。

2人は選挙に成功して得る報酬が目的だったのです。

 

両親役の2人にはお金で演技をさせていて、選挙が終わったらアニーはまた別の施設に

送られることになっていたのです。

 

アニーは、一緒にメキシコに向かうという、ウソの両親に引き取られて車で出発します。

 

その時、ハニガンは自分が犯した過ちに後悔をしていました。

悩んだ末、すべての事実をスタックスに告げます。

 

スタックスは、総動員してアニーを探し始めます。スタックス自身も、ヘリコプターを使って

アニーを探します。

 

暗中模索で、探し始めますがツイッターからの目撃情報を見つけアニーの居場所に

段々近づいていき、最終的にアニーを助け出します。

 

しかし、アニーは相手にしてくれません。何故なら、車の中で今回のことを指示したのは

アニーが信頼していたスタックスだと聞かされていたからです。

 

スタックスは、今の自分にとって一番何が大切なのかに気づかされます。そして、

アニーに真実を話し、自分の選挙活動もやめ、市長選挙の候補から降りることを決めます。

 

その後、映画はミュージカルの歌と踊りで感動のフィナーレを向かえます。

 

その後、エンディングのテーマ曲「Tomorrow」が流れます。英語版では

平井堅が歌っていますが、日本語版では鷲尾伶菜が歌います。

 

2人とも素晴らしい歌声で、最後まで楽しむことができました。

 

ちなみに、エンディングの歌の後に、少しだけ映像の1コマが出てきます。

ご興味のある方は、どうぞ最後まで見てください。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link

Related Posts