水槽(淡水)2015年9月15日(火)夜9時からTBSの

「マツコの知らない世界」で

アクアリウムについて放送されます。

 

アクアリウムの意味や、初心者でも

簡単にできるのか調べてみました。

 

Sponsored Link

【マツコの知らない世界】アクアリウムとは?

アクアリウムのことを調べてみたのですが、何だかよくイメージできませんでした。

 

そこで最近、ネットで見つけた観賞魚・小動物のショップ「生き物屋PooL」の

オーナーの田中氏を訪ね、いろいろと話を伺いました。

 

2015年の6月22日にオープンしたばかりですが、お店にはすでに色々な生体(魚などの

生きものをこのように呼ぶらしいです)や、自分で魚観賞をスタートするための

グッズなど程よく並んでいます。

 

その他にも、小鳥やカメまで取り扱いがあり、もちろん餌なども置いてありました。

 

田中氏は、若きオーナーですが以前は大型店舗で働いていたこともあり、

知識もとても豊富にあると思いました。

 

お忙しい中、とても親切に説明をしていただきました。

 

 まず、アクアリウムと聞くと巨大な水族館(特に海外では)を想像する方もいると

思いますが、日本では観賞用の魚や、水草などを家庭用の

水槽にきれいに並べて、ディスプレイしてあるものを指すようです。

 

魚がいなくて、水草だけでも同じく分類されるそうです。

 

たまに店舗などで水槽に陶器などでできた、魚の隠れ家などが

入っているのを見ますね。

 

しかし、最近のアクアリウムはもっと進化していて、ある意味

芸術的作品になっているものもあるそうです。

 

アクアリストと呼ばれる、本格的にアクアリウムを作る方も

いるそうですが、最近では、仕事などのストレスの多い方が、

自分のアクアリウムを作り、リラックス目的で自宅で鑑賞魚などを

見て楽しむということもあるそうです。

 

 北米に住んでいるときに見たのですが、熱帯魚の水槽を1日中テレビ

放送しているチャンネルもありました。

 

これは水槽の魚の世話をしている時間のない人向けのチャンネルだと

思われますが、国が違くても魚を見ているとリラックスできる

のは同じなのかもしれないですね。

 

それでは、実際に自分のアクアリウムが欲しいと思ったら、簡単につくる

ことができるのでしょうか?

 

【マツコの知らない世界】初心者でも簡単?

まず、田中氏に聞くとマイ・アクアリウムが欲しくなったら、どのようなものにするのか

考える必要があるそうです。

 

それは大きく分類すると、淡水にするのか海水にするのかということです。

 

次に、淡水の場合はいろいろな種類の水草だけにするのか、観賞魚も入れるのか?

海水の場合は、サンゴを楽しむのか?魚も一緒に入れて楽しむのか?などです。

 

その他にも、砂などで起伏をつけたり、人口でできた魚などの生物の隠れ家などを

入れることで全く違ったオリジナルのアクアリウムを完成させることができます。

Sponsored Link

 

基本的には、海水の生体を育てるほうが、淡水よりもレベルが高くなるそうです。

 

そして、自分のアクアリウムを楽しむ上で力を発揮するのが照明だそうです。

 

淡水の生体には主に蛍光灯を使うのが良く、海の生体には青のLEDランプが

向いているそうです。

 

照明を選ぶ際、自然に近い色の照明を選ぶことが重要だそうです。例えば海水の場合は

海を想像すると分かりやすいと思いますが、海は青い色をしています。

 

海に住んでいるサンゴ等は、青い色のLEDの方がうまく育つそうです。

水槽(サンゴ) 

サンゴが入った水槽です。写真は色が濃くなっていますが、実際に見たものは

とても綺麗に見えました。

 

水槽のサイズも決める必要がありますが、観賞魚も楽しみたい場合は、

また選ぶ楽しみが増えますね。

 

初心者の方が、自分のアクアリウムを作る場合は、「生き物屋PooL」の

田中氏のようなお店の方から、アドバイスを受けたほうが失敗は少なく

済むと思います。

 

田中氏のお店では、色々と相談にのってくれるそうで、必要な場合は

実際に水槽の設置(設置料が別途必要)なども行ってくれるので

(遠方の方は要相談)安心です。

 

尚、現在「アートアクアリウム2015」というイベントが、9月23日(水)まで

日本橋で行われているそうです。

 

今回の「マツコの知らない世界」でも、色々なアクアリウムが紹介されると

思いますが、自分でやチャレンジしてみたい人は参考になる作品があるかも

しれませんね。

 

9月12日追記

15日(火)夜9時から放送される「マツコの知らないアクアリウムの世界」の

放送内容が発表されました。

 

番組ホームページはこちらです。

 

放送では、「鉢に大振りの金魚」や「四角い水槽にメダカ」など昔懐かしの

水槽の常識が覆る…等の現在の最先端の「アクアリウム」が紹介される

そうです。

 

それと遠近法を利用した、水草などの配置によって神秘的なアクアリウムに

ついても、見ることができるそうなので楽しみですね。

 

9月16日追記

「マツコの知らないアクアリウムの世界」の放送を視聴しましたが、

最新のアクアリウムは、まるでジャングルのようになっていました。

 

それも植物が丁寧に配列されているため、芸術的作品と言っても

おおげさには思えない程でした。

 

水槽に大木が生えているように見えたり、遠近法によって奥の方まで

たくさんの木々が生い茂っているように見えました。

 

その中に魚などが泳いでいると一つの神秘的な世界が広がっている

感じでした。

 

生き物屋PooLの田中氏によると、水草などは成長していくので、

それを盆栽のように自分の好みの形にしていく楽しみもあるそうです。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link