マツコ早く走る方法

出典:running-matome.seesaa.net

2015年11月24日(火)に放送された

「マツコの知らない世界」にあの

猛獣との戦いをシュミレーションする

武井壮が出演しました。

 

武井壮は、実は本当に素晴らしい

運動能力を持っているのですが、

維持するために努力を続けていました。

 

今回、武井壮がどうしたら早く走る

ことができるのか説明してくれました。

Sponsored Link

【マツコの知らない世界】武井壮出演!

武井壮は、今やバラエティー番組などで、とても有名になって

いますが、実はアスリートとしての別の顔を持っていました。

 

武井壮は、約4か月前に「2015年世界マスターズ陸上」で

世界一になっていました。

 

驚くべきことは、現在42歳の武井壮の100mを走った時の

タイムは19歳の時と同じということです。

 

大学時代にも、その超人的な身体能力はずばぬけて

いました。

 

それは大学で始めた10種競技では、わずか2年半で日本一に

なったそうです。

 

その後、台湾で、現地のプロ野球のコーチもしていたそうです。

 

数々のプロスポーツ選手のトレーナーの経験を持ち、スポーツ

万能な武井壮が、早く走る方法を教えてくれました。

 

Sponsored Link

【マツコの知らない世界】早く走る方法は?

まず、武井壮が理想的な走りをしているアスリートで選んだのは、

あの世界一の最速のウサイン・ボルトです。

 

↓早く走れそうなシューズがそろっています↓

 

まず、武井壮が着目したのは、走っている時の後ろにある足です。

 

最初の早く走るコツは、「足が地面についたら、そのまま踏ん張らずに、

すぐにその足をすぐに地面から離し前に出す」とのことです。

 

次に腕ですが、普通走る時は腕をただ振っていると思われがちですが、

実は後ろに振り上げた腕の反動で、自分の体重を宙に浮かせて

体の重さを軽くしている」そうです。

 

次に、武井壮が教えてくれたのは、スタートのしかたでした。

 

その説明には、ボウリングのボールと、野球のボール、ピンポン玉を

使っていました。

 

最初は、何だかピンときませんでしたが、ようはスタート時はボウリングの

ボールを転がすように(早く手で転がそうとすると手に大きな負担がかかるので)

スタートの合図で、ゆっくりと体重を前に移動させるとのことです。

 

最初に、地面を強く蹴ってスタートすると、そこでエネルギーが消費されて

しまい、最後まで体力が持たなくなると言うのです。

 

その後、中間地点では今度は野球のボールを転がすようにします(野球のボールも

勢いよく叩くとまだ、手に比較的大きな負担がかかるので)、わかりやすく言うと

中間地点では、地面を蹴るのではなく、地面を触るイメージで走ると良いそうです。

 

最後に、トップスピードになってからは、体もピンポン玉のように軽く

なっているので、最後は地面を思い切り蹴って走ると速度が落ちずに

ラストスパートをかけることができるみたいです。

 

足がなかなか速くならないとお悩みの方は、武井壮がお勧めする

走り方で速くなれるかもしれませんね。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link

Related Posts