2015年1月14日(水)夜10:00から日本テレビで

柴咲コウ初主演ドラマ「○○妻」が始まりました。

 

少年隊の東山紀之や大女優の黒木瞳が

出演することもあり、かなり注目度の

高いドラマになっています。

 

しかし、タイトルにある「○○」とは

一体、何の意味があるのでしょうか?

 

気になるキャストやストーリーについて

調べてみました。

Sponsored Link

柴崎コウ「○○妻」で連ドラ初主演!

柴崎コウが、まさか今まで主演を務めたことがなかったとは

思いませんでした。

 

それも驚きなのですが、今回、柴崎コウが演じる

久保田ひかるは、表向きは東山紀之が演じるひかりの

夫の久保田正純に生活のすべてを捧げる理想的な妻の役なのですが、

ひかるには人には言えない秘密があるそうです。

 

一体どういうことなのでしょうか?

 

【柴崎コウプロフィール】

生年月日: 1981年8月5日

出身地: 東京都・豊島区

血液型: B型

身長: 160㎝

事務所: スターダストプロモーション

 

柴崎コウといえば、何か影があるけれど頑張り屋さんで

周りがほっておけなくなるような女性を演じることが多いと

思っていました。

 

特に、木村拓哉主演のドラマ「Good Luck」では、大変なことが起こっても

ひたむきに航空整備士の仕事を全うする姿がとても印象的でした。

 

実際に、このドラマを見て航空整備士を志願する女性が増えたそうです。

とても演技が上手で、人を惹きつけるところがあると思います。

 

【柴崎コウ出演作品】

映画

ドラマ

引用元: Wikipedia

Sponsored Link

 

【キャスト】

  • 久保田ひかり(正純の妻): 柴崎コウ
  • 久保田正純(ニュースキャスター): 東山紀之
  • 井納千春(ひかりの過去を知る女): 黒木瞳
  • 板垣雅己(ニュース番組プロデューサー): 城田優
  • 風谷愛(新人アナウンサー): 蓮佛美沙子
  • 久保田実結(正純の姉): 奥貫薫
  • 河西美登利(正純の姉): 渡辺真起子
  • 久保田仁美(正純の母): 岩本多代
  • 久保田作太郎(正純の父): 平泉成

引用元: http://www.ntv.co.jp

 

【第1話あらすじ】

夜、真っ暗な高級マンションのリビングルームで柴崎コウ演じる

久保田ひかりは、夫の久保田正純(東山紀之)のニュース番組を

見ています。

 

夫の久保田正純は、人気のニュースキャスターで今日の番組も

大盛況でした。

 

正純は家に帰ると、玄関先にきれいにそろえられたスリッパを履き、

リビングのソファに座ります。

 

テーブルの上には一枚の紙が置いてあり、そこにはひかりが今日の

正純のニュース番組に対する感想が書かれていました。

 

そこには厳しいながらも、的を得たコメントが綴られていました。

 

正純が、ひかりの部屋に行くと、ベットに仰向けになり手を胸の前で

組んで寝ていました。

 

リビングに戻ってソファに座っていると、突然電話がなります。

 

電話を取ろうと正純が振り返ると、そこには電話の子機を持った

ひかりが立っていました。

 

驚いた正純はグラスを割ってしまいます。

 

正純が電話を受け取るとそれは、正純の姉の実結でした。

 

正純が話を始めると、いつの間にか床に落ちたガラスの破片は

きれいに掃除され、テーブルの上には新しいグラスに飲み物が

注がれています。その隣にはロール状にまかれたタオルがおいて

あります。

 

とにかく、ひかりは完璧すぎるのです。

 

普通、人には何かしらの欠点があるのが、自然だと思いますが、

ひかりには何も欠点が見つからないのです。

 

すべてが、夫の正純を中心に動いているのです。

 

そうなると、何だかおかしいと思い始めました。

 

引き続きドラマを見ていると、やはりおかしいのです。

ひかりは、全くといっていいほど話をしないのです。

言葉を発したと思ったら、「はい」くらいです。

 

ますます「〇〇妻」の〇〇が気になり始めました。

 

正純の母親の誕生日を祝うホームパーティで、

正純とひかりが結婚指輪をしていないことが分かりました。

 

そのパーティでも、ひかりは黙々と家事をこなすのでした。

 

そんな時に、父親が階段から落ちて病院に入院しているとの

連絡がありました。父親は病院で意識不明になっていました。

 

病院で、正純の母親から重大な話がありました。

実は、父親が投資で失敗をしてしまったため、自分の家を

手放さなくてはならなくなっていたのです。

 

正純は、2人の姉と母親を誰が引き取るのかをもめていました。

 

一度は、正純の姉が引き取るのですが、生活習慣が合わず

母親は一人暮らしをすると言い出しました。

 

しかし、ひかりは正純の母親に一緒に住むことを提案します。

 

何かと出来すぎた妻ですが、実は2人は結婚はしていなかったのです。

 

ある夜、正純はひかりに正式に結婚を申し込みます。

 

2人は結婚はしていませんでしたが、一緒に住み始めてから6年も経って

いたので、けじめをつけようとしました。

 

しかし、ひかりは一度自分の部屋に行き、戻ってくると「契約書」と

書かれた書類を持っていました。

 

そして、ひかりは「すみませんが、今まで通りで」と言います。

 

2人は不自然にも3年ごとに契約を更新していたのです。

 

今日の正純は違っていました。今の正純はひかりと正式に

結婚をして、子供もほしいと思うようになっていました。

 

しかし、ひかりは正純との結婚を拒み、あくまでも契約をしたがります。

 

そして正純は怒りのあまり、契約破棄だといって契約書を破ってしまいます。

 

それに対してひかりは「6年間どうもありがとうございました。」と言って

家を出てしまいました。

 

まだ、ここでは何故ひかりがこのような行動をとっているのかは分からない

のですが、最後にひかりの過去を知っている井納千春(黒木瞳)が

登場します。

 

第2話から徐々にひかりの過去が明かされていくのではないでしょうか?

 

もう、みなさんもお分かりだと思いますが、〇〇には「契約」の

文字が入るみたいです。

本当のタイトルは「契約妻」なのですね。

 

今後、どうなるのか気になりますね。

 

こちらもどうぞ

 

 

Sponsored Link

Related Posts