穀雨

出典:http://headlines.yahoo.co.jp

2015年4月20日(月)は穀雨になります。

 

昨日から、大雨と強風が沖縄地方から

北上しています。

 

50年ぶりと言われる春の嵐は、これから

一体どうなるのでしょうか?

Sponsored Link

【穀雨】意味は?

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、「穀雨」とは

一体どのような意味があるのでしょうか?

 

「穀雨」とは二十四節気の立春から数えて6番目になります。

 

「穀雨」の意味は、春に田畑の植える仕事が済んだ後に恵みの雨を

もたらす日のことを言うそうです。

 

20日の今日は、暦通りの雨模様の日になった地域も多かったと思います。

 

しかし、今回の雨は50年ぶりとも言われる大雨で、嵐も伴っているので

各地で警戒を呼び掛けています。

 

現在は、西日本から東日本を中心に雨や風が吹いています。

Sponsored Link

 

今後はどのようになっていくのでしょうか?

 

【穀雨】50年に一度の大雨か?嵐に要警戒!

低気圧を伴った前線が発達しながら北上していますが、南から温かく湿った空気も

流れていることもあり、局地的に強風を伴った大雨になっています。

 

明日の未明(午前3時頃)までに東海地方で150mm、関東甲信や北日本では100mmの

雨が予想されています。

 

関東地方では関東南部で100mm、関東北部で80mmの雨が予想されています。

 

前線は明日(21日)の朝9時頃までに東の海上に抜けるため、東日本や西日本の雨は

その頃になるとおさまる予報です。

 

これから、前線が西日本と東日本を通過していきますが、前線の東側は強風も吹きますので、

警戒が必要です。

 

特に沿岸部は風が強く4~5mの波が予想されています。

 

無理な外出は控えた方がよさそうですね。

 

 こちらもどうぞ

 

Sponsored Link