アイガー

出典:Wikipedia

2016年9月25日(日)に日テレの

イッテQで「イモトが挑む!アルプス

の名峰アイガー登頂スペシャル」が

放送されました。

 

アイガーと言えばアイガー北壁が

有名で、アルプス3大北壁の一つに

なっている難しい山です。

 

そんな名峰を数々の経験を積んできた

イッテQのイモトがチャレンジしてきました。

 

イモトは実際にアイガー登頂に成功

したのでしょうか?

 

実際の結果をお伝えします。

Sponsored Link

イモト【アイガー】登頂!結果は失敗?イッテQ

アイガーに挑む前に、アイガーに登る技量があるかの

テストがアイガーの隣にあるメンヒで行われました。

 

メンヒの標高は4107mでアイガーの3970mよりも高い山です。

 

出発から2時間後には、イモトはメンヒの最後に頂上へ続く

ナイフリッジ(稜線)を歩いていました。

 

地元の山岳ガイドが同行していて、イモトとはロープで繋がって

いますが、もしイモトが切り立った道を踏み外せばまず助かる

ことはないでしょう。

 

しかし、ガイドは不安になっているイモトがもし滑落した場合は

逆飛び込みで対応するから大丈夫だと励まします。

 

ちなみに逆飛込みとは、もしイモトが右に落ちたら、ガイドは

逆の左にわざと落ちて引っかかって落ちないようにする高度な

技術です。

 

しかし、イモトは恐怖から自信を無くし始めてしまいます。

 

山岳ガイドの話では、アイガーはこんなレベルではなく、

北壁側は1800m、南側は600m切れ落ちているということ

でした。

 

過度の恐怖があると人間は体力も奪われてしまうため、

強い意志を持つことが大切になるそうです。

 

小屋から出発して3時間で、イモトは登頂することができました。

 

しかし、イモトの自信は完全になくなっていました。

 

トライアルの結果は、イモトはみごと合格しました。

 

イモトが着用している(テルヌア)の登山服、登山用品はこちら

Sponsored Link

こちら登山用品 からも確認することができます

 

アイガーの登山行程は1泊2日で、グリンデルワルトから高山列車で

アイスメーア駅に行き、そこから3時間歩いてミッテルレギ小屋に

行きます。

 

ミッテルレギ小屋までの道だからといって、決して簡単なものでは

ありません。

 

イモトたちは急斜面の岩場を登って行かなくてはなりませんでした。

 

小屋に着いたら、一泊して翌朝5時に起床して出発となりました。

 

そこからからは一気に頂上に向かいます。

 

問題は天候です。積雪が多かったり、風が強い場合は閉山に

なります。

 

もし、雪が降ると雪が溶けるまで2~3日かかります。

 

しかし、当日の天候は快晴で、雲一つありません。

 

最高のコンディションで登山を開始します。

 

しかし、アイガーの壁はとても急で、テレビで見ていても

足元がすくみそうです。

 

けれど恐怖を克服したイモトは一歩一歩地道に登って

いきます。

 

順調かと思われた登山かと思われましたが、突然イモトの

体調に異変が襲います。

 

それはなんとイモトは崖の途中で大きな方のトイレに

行きたくなっていたのです!

 

でもアイガーの壁面にトイレはありません。

 

そこはたくましいイモト、壁にあるわずかなスペースを

見つけて無事に用を足します。

 

これにはガイドも「こんな人は初めてだ!」と言っていました。

 

ある意味、イモトはアイガーで偉業を達成したのでした。

 

その後、難関のジャンダルムといわれる大きな崖を登り、

その後も頂上までのナイフリッジといわれる切れ立った

稜線をみごとに歩き切りました。

 

登頂は困難かと思われ、失敗も考えられましたが、

イモトは見事にアイガー登頂に成功しました。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link