ドローン

出典:http://matome.naver.jp

最近、いろいろな無人の乗り物を

見ることができます。それらは遠隔操作に

よって動かされています。

 

一番身近なところでは、通勤などで

利用する電車が挙げられるでしょう。

 

その利用価値は高く、最近は旅客機などの

巨大な航空機を実験目的で無人で飛ばせる

ようになっています。

 

ドローンと呼ばれる小型の物もあり、ラジコン

感覚で操ることができるようになっています。

 

一般ユーザーが使えるような手軽な商品も

出てきています。気になる性能や価格に

ついて調べてみました。

Sponsored Link

未確認飛行物体?【ドローン】とは?

「ドローン」とは、パイロットを使わない無人で飛行できる

航空機で、機体を制御するコンピューターと遠隔操作する

機器を使用して操作します。

 

今まである、ラジコンの航空機とは少しニュアンスが違っていて、

もともとは軍事目的で偵察などに使われている高性能の無人偵察機などを

「ドローン」と呼んでいました。

 

最近では民間でも使用されるようになっていて、

地図作成のための空撮を行ったり、アメリカなどの大規模な

農場では、畑の状態をドローンを使って観察することなどに

使用します。

 

手軽に飛ばすことが出来るため、広い農場に目が行き届き、病害や

生育の状態を頻繁に確認できるので早く対処ができ、結果

収穫量も増えるということです。

 

用途は多様化できる可能性があるため、期待をされていますが、

プライバシーの問題や、宅配サービスなどに使われるようになると、

配達員などが必要なくなったり、農薬散布のパイロットなどの、

雇用の喪失を招くのではないかと心配の声もあります。

 

もう一つ、重要な問題として航空法との絡みがあります。

Sponsored Link

アメリカではライセンス制にするべきとの声も上がっています。

 

しかしながら注目度は大きく、今年のドローンの販売は世界で

40万台が見込まれています。それは約155億円の市場の予想に

なっています。

 

 【ドローン】価格は?飛行時間は?

ドローンを調べるとたくさんの種類があります。一般的がユーザーが

使用する玩具のようなものだと5千円位から20万円位の商品も

あります。

 

飛行時間は5分から15分位のものがあるみたいです。

 

飛行時間は長いとは言えないので、実際に使用する際は人がいない

場所で使用して、飛行時間には余裕を持つ必要があります。

 

今後も、色々な種類の「ドローン」が発売されると思います。

 

4月25日追記

最近、世界でドローンに関する事件が目立ち始めてきました。

 

特に、ドローンはラジコンヘリコプターなどよりも操縦が簡単になっているため、

誰でも飛ばせるという利点があります。

 

しかし、そこに規制が敷かれない限り、無秩序の状態に陥る可能性もあります。

 

実際に、現在ドローンがマスコミで騒がれているのも、法律に触れる行為が行われて

いるからです。

 

アメリカの案のようにライセンス制になるかは分かりませんが、せめて安全に操縦をするための

講習会は最低でも必要なのではないでしょうか?

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link