永遠の0ドラマ

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

テレビ東京開局50周年特別企画ドラマスペシャル

「永遠の0」が2015年2月11日(水)夜8時54分~、

14日(土)夜8時58分~、15日(日)夜8時54分~の

3日間放送されます。

 

映画「永遠の0」に続き、今度はドラマ版が

いよいよ放送されます。

 

映画「永遠の0」は実際に映画館に観にいきましたが、

とても感動したのを覚えています。

 

ドラマ版は、映画版と比べられてしまうと思いますが、

向井理は、自分が体験をしたことのない時代の役を

どのように演じるのでしょうか?

 

ドラマ「永遠の0」のキャストやあらすじを

調べてみました。

Sponsored Link

 向井理主演ドラマ「永遠の0」キャスト

「永遠の0」の原作は百田尚樹の小説で、販売部数も300万部を

越えた大ヒットミリオンセラー作品です。

 

映画「永遠の0」では、主人公を岡田准一が演じ、その他にも

実力派俳優の井上真央や、三浦春馬なども豪華キャストが共演した

素晴らしい内容になりました。

 

実際の累計の興行収入は86億円で、歴代の日本映画の6位にランクイン

しました。

 

ドラマ「永遠の0」では、向井理が主人公の宮部久蔵を演じますが、

その他にも、特別番組とあって数々の豪華な俳優陣の名前が

あります。

 

ドラマ「永遠の0」キャスト

引用元:Wikipedia

Sponsored Link

 

ドラマ「永遠の0」あらすじ

物語は、向井理演じる主人公、宮部久蔵の孫で司法試験浪人中の

桐谷健太演じる佐伯健太郎が、広末涼子演じる健太郎の姉で

フリーライターの佐伯慶子に誘われて、慶子の恋人で新聞記者の

高山隆司が担当している「終戦60周年プロジェクト」の手伝いで、

自分の祖父宮部久蔵について調べることになりました。

 

孫の健太郎と慶子は、祖父の戦友で生存している人を探し、

話を聞きに行きますが、戦友たちからの証言は自分たちが

期待していたものとは全く違っていました。

 

戦友たちが口をそろえて言うのは宮部は「海軍一の臆病者」

という酷い言葉でした。

 

祖父の宮部は「娘に会うまでは死ねない、妻、松乃との約束を守るために(生きる)」と

いつも思っていました。

 

そして、自分に対しても、自分の部下たちにも「生きる」ということの

大切さを一番に考えて、伝えていました。

 

しかし、この時代は生きてはいけない時代でした。部下は特攻隊の隊員としての

誇りをもって、敵(アメリカ)空母などに250キロ(500キロとの話も聞きます)

の爆弾を積んだゼロ戦で、体当たりをして花と散ることが、美化されていたのです。

 

部下にとってみても、いつも「生還」を唱える宮部は臆病な海軍少尉として

軽蔑の的になってしまいます。

 

しかし、健太郎と慶子は、本当の祖父のことを知る人物に会うことができます。

そして、その人物は宮部の最後を見た唯一の生き証人でもあったのです。

 

「永遠の0」では、主人公の宮部の家族愛が、見る人たちを感動させます。

現在では当たり前の、愛情表現が許されなかった時代に、逆境に向かって

立ち向かっていく姿はきっと皆さんの心にも響くと思います。

 

ここでの疑問は、「家族のために生きる」と言っていた宮部が何故、

特攻を志願して敵戦艦に体当たりすることを選択したのでしょうか?

 

ゼロ戦に搭載される燃料は片道分しかないことを考えれば、

もう家族のもとに戻れなくなることは、よく分かっていたはずです。

 

不可解な部分が多いですが、きっとドラマの中で明らかにされていくと

思います。

 

それともう一つの見どころは、ゼロ戦の戦闘シーンです。映画「永遠の0」では

スクリーン一杯に出てくるコックピットからの操縦風景は本当にリアルで、

山肌を縫って飛んでいく辺りは、実際にそのような飛行経験がある

自分でさえも、実際にまた飛んでいるかのような感覚になりました。

 

さすがに実弾で戦闘は経験がないので、攻撃を受ける本当の恐怖は分かりませんが、

それでも、とても迫力があり、緊縛感が伝わってきました。

 

きっと、ドラマ「永遠の0」でも天才パイロットだった宮部(モデルになった人物が

実際にいたそうです)の戦闘シーンがあると思います。

 

「永遠の0」の 主題歌はMISIAがドラマのために作った、「桜ひとひら」です。

こちらで試聴できます。

 

みなさんも、ドラマ「永遠の0」を観て感動して涙してしまうかもしれませんね。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link

Related Posts