ブルーボトルコーヒー

出典:ponta-news.blog.so-net.ne.jp

2015年2月6日(金)、コーヒー好きの人々待望の

「ブルーボトルコーヒー」が、日本に初上陸しました。

 

アメリカのサンフランシスコ発祥のサードウェーブ

コーヒーとは何のことなのでしょうか?

 

くつろぎのひと時を過ごす、新たな場所が誕生した

ことになりますが、気になるメニューの内容や、

価格について調べてみました。

Sponsored Link

「ブルーボトルコーヒー」日本初上陸!場所は?

「ブルーボトルコーヒー」は2002年にアメリカの

ジェームス・フリーマンによって創設されました。

 

現在アメリカでは、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルスの

大都市圏に16店舗あります。

 

まだ、店舗数ではシアトル発祥のスターバックスには及びませんが、現在急成長中で、

多くのコーヒーファンを魅了しています。

 

では、何が他のコーヒーショップとは違うのでしょうか?

 

ここで気になるのが、「サードウェーブコーヒー」という聞きなれない

言葉です。

 

まず、「サードウェーブ」とは、「第3の波」ということで

使われているようです。要は、コーヒーの歴史の中で、大きな

出来事のあった時代をそう呼んでいるそうです。

 

「第3の波」があるということは「第1、第2の波」もあるということですよね?

 

少し調べてみると、まず「第1の波」は、19世紀ころで、コーヒーの人気が出て、

大量生産が始まり、一般家庭にも広まった時期みたいです。

 

次に「第2の波」は、1960年ころで、今では有名になったスターバックスが

深煎り豆を使い、エスプレッソやカフェラテなどの新しいメニューで、

コーヒーの新たな時代をつくったときです。

 

最後に「第3の波」は、2000年ころからアメリカの西海岸で広まりました。

 

特徴的なのは、基本的に豆はブレンドせず、輸入する国や、農園も1ヶ所に

限定することです。

 

焙煎も一度に大量におこなうのではなく、なるべく新鮮なものを提供する

そうです。

 

ちなみに、「ブルーボトルコーヒー」では、48時間以内に焙煎したものだけを

Sponsored Link

販売することになっています。焙煎をする機械が店内にあるということが、

コーヒーチェーン店にはなかったことですね。

 

これは、とても難しいことだと思いますが、そのような新鮮なものだけを

お客に提供するといった考えかたが、コーヒーファンに受け入れられている

ようです。

 

確かに、野菜などの食料でも新鮮なものがおいしいですよね。

 

今回、日本にオープンしたのは「ブルーボトルコーヒー清澄白河

ロースタリー&カフェ」です。

住所: 東京都江東区平野1-4-8

営業時間:

月: 8:00~19:00

火: 8:00~19:00

水: 8:00~19:00

木: 8:00~19:00

金: 8:00~19:00

土: 8:00~19:00

 

2月6日(金)のオープン当日は100人以上もの行列ができたそうです。

日本のコーヒーブームは、まだまだこれからかもしれませんね。

 

「ブール―ボトルコーヒー」のメニューは?価格は?

早速メニューはこちらになります。

 

【ドリップメニュー】

ブレンド(450円)

シングルオリジン(550円から)(どれもフルーティーな香りで軽く飲みやすい)

オ・レ(500円から)

 

エスプレッソドリンクは、

エスプレッソ(450円)マキアート(460円)、ジブラルタル(480円)、

アメリカーノ(450円)、カプチーノ(500円)、カフェラテ(520円)、

モカ(600円)。ニューオリンズ(500円)、シングルオリジン(500円)

のアイスコーヒーも用意している。

 

【フードメニュー】

フードメニューは、有機オーツのおいしさを最大限に活かし、

厳選した国産ハチミツを使ったハニー&シーソルト グラノーラバー(350円)、

有機オーツに有機くるみとピーカンを加えたグラノーラ

(90g/イートインのみ・ミルク付き600円、227gバッグ/1,500円)

 

アメリカの伝統的な焼き菓子バックル ケーキ(450円)、

常陸野ネストのスタウトビールをふんだんに使ったスタウトケーキ(350円)、

バニラとサフランが入ったオリジナルのサフラン スニッカードゥードル クッキー(300円)、

ダブル チョコレート クッキー(300円)、リエージュ ワッフル(500円)、

代々木上原の「カタネベーカリー」のバゲットを使用したサンドイッチ

(グリュイエルチーズ、ゴートチーズ&ロースハム各500円)など。

 

引用元: http://www.asahi.com

 

2号店「青山 カフェ」も3月7日にオープンを予定しています。

 

メニューも豊富ですし、何よりも新鮮なコーヒーを提供しているので、

いつか行ってみたいと思います。

 

Sponsored Link

Related Posts