デルタ航空B757

出典:http://www.traicy.com

2014年11月9日、関西国際空港発、グァム行のアメリカの

デルタ航空、ボーイング757型機の294便が、

硫黄島に緊急着陸をしました。

 

一体どうなったのか調べてみました。

 

米デルタ機が硫黄島に緊急着陸!

9日の午前10時10分ごろ 関西国際空港を離陸した、デルタ航空のボーイング757型機は

グァムに向かいました。

 

硫黄島は、関西国際空港とグァムのおおよそ中間点になりますが、

硫黄島の南南東約452キロ地点の太平洋上で、デルタ航空機ボーイング757の

左のエンジンに問題が起こったため、進路を変え硫黄島の滑走路に

緊急着陸をしました。

 

硫黄島の滑走路は、2650mありますが、通常、民間の航空機が使うことはありません。

今回のような緊急時や、自衛隊、アメリカ軍が訓練などに使用しています。

 

ボーイング757の乗客はどうなった?

デルタ航空のボーイング757が着陸する際は、故障した左のエンジンは

安全のため停止させていたと思われます。

Sponsored Link

 

ボーイング757のように2個のエンジンがある航空機は、1個のエンジンが止まってしまっても、

安全に飛行できるので、問題なく硫黄島の滑走路に着陸できたと思います。

 

デルタ航空294便の乗員、乗客171人に怪我はなかったそうです。

しかし、着陸した機体の修理をすぐに行うことが出来なかったため

乗客は6時間もの間、成田空港からの代替え機を待たなければなりませんでした。

 

乗客は、成田空港で出国手続きを済ませていたので、機体の外に出ることは

出来ず、狭い機内で待たなければなりませんでいた。

 

その後、成田から到着した機体に乗り込んで、硫黄島を午後9時35分頃出発して

グァムには午後11時25分頃に到着したそうです。

 

乗客、乗員の方々は約9時間もの間、大変な思いをされたと思います。

 

ボーイング757のトラブルの原因は?

デルタ航空のボーイング757-200の左のエンジンに不具合があったとのことですが、

詳細は現時点では不明です。

 

今回は、離着陸時の事故ではなかったので、バードストライクのように

何かがぶつかったものではなく、エンジンそのものに何かの不具合が

生じたのではないかと思われます。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link