アルジャーノンに花束を

出典:http://prcm.jp

2015年4月から毎週金曜日の夜10時に

ドラマ「アルジャーノンに花束を」が

TBSで放送されます。

 

主演は山下智久で、今回演じるのは

年齢は28歳なのに、知能は6歳並の青年で

後に超知能を手に入れるということもあり、

途中から同一人物なのにキャラクターを

変えて演じなければなりません。

 

原作はアメリカ人の作家、ダニエル・

キイスのSF小説です。

 

キャストやあらすじについて

調べてみました。

Sponsored Link

山下智久主演ドラマ【アルジャーノンに花束を】キャスト

キャスト(2015年版)[編集]

引用元: Wikipedia

 

 山下智久主演ドラマ【アルジャーノンに花束を】あらすじ

山下智久演じる主人公の白鳥咲人は、知的障碍者で28歳の年齢になっても

知能が6歳児と変わらないこともあり、色々とトラブルを起こします。

 

しかし、それは悪気があるわけではなく、本人としてみれば子供らしい振る舞いを

しているにすぎません。今でも母親のことは「ママ」と呼び、そのママに好かれる

ために「お利口さん」になることが夢でした。

 

そんな咲人が働いているのは、花の配送センター「ドリームフラワーサービス」

ですが、そこで働いている若者は以前少年刑務所にいたなど「訳あり」の

少年ばかりなのです。

 

そんなある日、咲人は窪田正孝演じる同僚の柳川隆一と軽トラックで

バラの花の配達に出かけます。

 

配達先は栗山千明演じる、研究員の望月遥香の自宅マンションなのですが、

そこでも問題を起こしてしまいます。

 

遥香は、バラの花を届けに来た咲人が精神遅滞者だとは知らないため、

咲人の不自然な対応を不審に思い、警察に連絡をしようとします。

 

間一髪で、そこに同僚の隆一が駆けつけ、咲人について説明をしたため

納得してもらえるのですが、今度は咲人が玄関にあるきらめくアクセサリーが

Sponsored Link

気になり、手を伸ばし取ろうとしたことで、また騒動になってしまいます。

 

しかし、咲人にとって遥香との出会いが人生を変えることになります。

 

遥香は、脳生理科学研究センターに研究員として勤めていますが、

自分の上司にあたるチームリーダーの蜂須賀が、研究していた

知的能力を向上させる実験にマウスで成功していました。

 

その実験に使われたハツカネズミは「アルジャーノン」という

名を付けられていました。

 

アルジャーノンは普通のネズミではなく、高度な知能を持った

ネズミになのです。

 

この成果により製薬会社へのプレゼンテーションも上手くいったことで、

川口社長からも臨床試験に進むように指示をされました。

 

しかし、他の研究員からはまだ実験期間が短いこともあり、実際の

人間に試すのは早いと思う人たちもいました。

 

遥香は、科学者として尊敬するだけでなく、異性としても意識をしていた

臨床試験推進派の蜂須賀に従い、臨床試験を行う被験者探しを始めます。

 

ところが、不明な副作用などのリスクを怖がり誰も被験者になろうとは

しませんでした。

 

困っている中、今度は知能が高くなったアルジャーノンが檻から逃げ出し

どこかへ行ってしまいます。

 

ちょうどその時、咲人は会社の同僚たちと一緒に渋谷でナンパをしていました。

 

良いことや悪いことの判断が出来ない咲人は同僚たちにうまく使われて、

女性に声をかけます。

 

しかし、ちょうど悪い男にからまれ、何もできないまま殴られてしまいます。

 

道路に倒れ血まみれになっている咲人の前に、逃走したアルジャーノンが

近づいてきます。

 

この「 アルジャーノンに花束を」の原作では、ハツカネズミのアルジャーノン同様に

主人公も手術を受け高いIQを手に入れます。

 

ところが、心はまだ幼くきれいな心を持っているにもかかわらず、急に知能が

高くなってしまったため、今まで、聞き流していればすんでいたことが

必要以上に理解できるようになってしまいます。

 

それにより、過去にだまされたことや、馬鹿にされたことなども思い出すように

なります。

 

一方、知能が優れた人間になったことで、周りの人々への態度が悪くなり、

人を見下すようになってしまいます。そして、周りの人たちはどんどん

離れて行ってしまいます。

 

しかし、そんな時、実験に使われたアルジャーノンに変化が現れます。

 

それは主人公にも同様に起こってしまうのです。

 

それは一体何でしょうか?原作と今回のドラマの内容が違う可能性が

ありますが、どのような結末が待っているのでしょうか?

 

この山下智久主演の「アルジャーノンに花束を」では、主人公の

咲人も高いIQを手に入れるのですが、そのことで学習できる喜びが

ある反面、悲しかったり、嫌な思いをしたりと心の葛藤があります。

 

咲人は恋もするようになります。突然芽生える恋心とはどのような

ものなのでしょうか?

 

この難しい役をどのように演じるのか早く見たいですね。

 

こちらもどうぞ

 

Sponsored Link

Related Posts