エアバスA320neo

出典:http://image.search.yahoo.co.jp

現地時間、平成26年9月25日にエアバス社は、

A320neo(New Engine Option)が約2時間30分の初飛行に成功したと

発表しました。

Sponsored Link

テストパイロットである、

機長のPhilippe Pellerin、副操縦士を含む5人の乗組員が、

フランスのトゥルーズで

大勢の関係者に盛大な拍手で見守られながら

A320neoをスムースに離陸させました。

 

A320neoは上空で各種テストを行った後、

無事に戻った機体のコックピットの窓からは

エアバス社の旗が見えました。

それはフライトテストの成功を確信させる

ものでした。

 

機長のフィリップはインタビューに、

「私たちはとても楽しみました。現行のA320と同じような感じで

とくに驚くようなことは無かった。」と話していました。

 

現行のA320と変わらない操縦性であれば、

現在A320を操縦しているパイロットは

Sponsored Link

問題なくすぐにA320neoを飛べるということなので、

現在、すでにA320を運航している航空会社に

とっても移行訓練がスムースに行えることは

とても魅力的ですね。

 

A320neoとは?

A320neoはフランスのトゥルーズに

本社があるエアバス社製で、

航空会社がより経済的に

運航できるように、

現行のA320よりも

効率の良いエンジン(燃費を最大15%削減)に

変えた機体です。

 

翼端には「シャークレット」と

呼ばれる小さな翼を付けることで、

燃費を良くして、航続距離も

延ばすことができます。

 

A320neoを購入する航空会社は、

プラット・アンド・ホイットニー社製の

PW1100Gのエンジンか、

CMFインターナショナル社製の

LEAPエンジンを選択することになります。

 

尚、A319とA321もneo型があり、

エアバス社はすでに約60社から

3200機以上の注文を受けています。

 

こちらもどうぞ

Sponsored Link

Related Posts